ナビゲーションを読み飛ばす

姫路市議会インターネット中継

※本会議の録画映像をご覧いただけます。

  • 平成29年第4回定例会
  • 12月5日 本会議(質疑質問2日目)
  • 新しい風ひめじ  三木 和成 議員 
(複合方式)

1 核兵器禁止条約に係る県内市町長ア
  ンケートについて
  県内首長6割が「政府は署名すべき
  」との新聞報道について
 (1) 「署名しない政府判断は適切
   か」と「政府は署名すべきか」と
   の問いに対して姫路市長が無回答
   の理由は(質問時に省略された)
 (2) 原爆の被災はなくとも凄惨をき
   わめた空爆を受けた姫路は、「平
   和資料館」を設置し、昭和60年
   の「非核平和都市宣言」以来「非
   核平和展」を毎年開催しているが、
   アンケートへの意思表示に矛盾し
   ないか
2 政令指定都市への展望について
 (1) ほんの数年前の平成23年4月、
   「政令市を目指す」との公約を掲
   げ3選を果たした当時の意気込み
   と現在の決意はどうか
 (2) 人口180万人の播磨を糾合す
   るために、積極的かつ果敢にリー
   ダーシップを発揮すべきではない
   か
3 『幸せ 感動 夢あるまち』の具現
  化について
 (1) 姫路市の近未来の都市計画のグ
   ランドデザインをどう描くか
 (2) 「音楽のまち・ひめじ」の推進
   について、特に、子どもたちにど
   のような多彩な夢を与えるのか
 (3) どのような先導的な子育て支援
   策により、明石市など先進的な都
   市との競争に打ち勝つのか
4 山陽姫路駅の地下化について
  将来の姫路市発展のためにはJR姫
  路駅を中心とした東西地域のバラン
  スを考慮したまちづくりが求められ
  る。山陽電鉄高架駅を撤去し、開発
  中の東地区に比べておくれている駅
  西地区開発のためにも、再度、山陽
  電鉄の地下化を検討すべきではない
  か
5 拙速な新文化センターの設計につい
  て
  現在の拙速な計画手続に異議を唱え
  る。多くの芸術文化ホール建設に関
  与した実績のある著名な2人のプロ
  デューサー大石時雄氏と衛紀生氏の
  見解に対する市長の見解を伺う。
 (1) 大石時雄氏(福島県いわき市芸
   術文化交流館アリオス支配人)の
   「展示場を除けば、古くなった文
   化センターを新しくしただけとい
   う感じがする。しかも使い難そう
   である。」、「ホールの搬入口は、
   使う人の作業や運営のことは考え
   られていない。」、「楽屋の共有
   は、運営に不具合が生じる。中ホ
   ールの舞台側に大ホールの楽屋ま
   で配置するのは逆である。」、「
   オーケストラピットは不要と言わ
   れる時代に中ホールに必要か。」、
   「これからの時代に求められるス
   ペースや空間が設計されていない。
   観光客が一休みする、トイレを使
   う、色んな人が集まりさまざまな
   立場や年代の人が出会う仕組み
   を設計に反映させる視点が全く欠
   落している。」、「将来、禍根を
   残す可能性が高い。」との意見に
   対する当局の考えはどうか
 (2) 衛紀生氏(可児市文化創造セン
   ター館長兼劇場総監督)の「環境
   変化を無視した2000席の巨大
   鑑賞ホールの建設計画が進行して
   いるが、20年後を見据えている
   のではなく、「過去」からの前
   例を踏襲しているだけで即座に陳
   腐化する施設であることは明白で
   ある。」、「200億円以上の税
   金が費やされ、後年度負担が毎年
   8億から10億円かかることを納
   税者に説明した上での意思決定だ
   ったのか疑義を感じる。」、「大
   阪で行われるコンサートが新幹線
   で30分、新快速で1時間の姫路
   で行われるはずがない。」、「プ
   ロモーター心理から言っても「岡
   山飛ばし」が常態化している環境
   で、至近距離の姫路での集客は望
   めない。」、「230億円のこの
   計画には「ひめじ芸術文化創造会
   議」という市民団体が現在の計画
   と運営について見直しを求める運
   動が起こっている。」との貴重な
   見解について、当局はどう考える
   か
  • ※この映像は、姫路市議会の公式記録ではありません。
戻る