ナビゲーションを読み飛ばす

姫路市議会インターネット中継

※検索結果一覧

  • 新しい風ひめじ
    三木 和成
  • 平成29年第4回定例会
  • 12月5日
  • 本会議(質疑質問2日目)
(複合方式)

1 核兵器禁止条約に係る県内市町長ア
  ンケートについて
  県内首長6割が「政府は署名すべき
  」との新聞報道について
 (1) 「署名しない政府判断は適切
   か」と「政府は署名すべきか」と
   の問いに対して姫路市長が無回答
   の理由は(質問時に省略された)
 (2) 原爆の被災はなくとも凄惨をき
   わめた空爆を受けた姫路は、「平
   和資料館」を設置し、昭和60年
   の「非核平和都市宣言」以来「非
   核平和展」を毎年開催しているが、
   アンケートへの意思表示に矛盾し
   ないか
2 政令指定都市への展望について
 (1) ほんの数年前の平成23年4月、
   「政令市を目指す」との公約を掲
   げ3選を果たした当時の意気込み
   と現在の決意はどうか
 (2) 人口180万人の播磨を糾合す
   るために、積極的かつ果敢にリー
   ダーシップを発揮すべきではない
   か
3 『幸せ 感動 夢あるまち』の具現
  化について
 (1) 姫路市の近未来の都市計画のグ
   ランドデザインをどう描くか
 (2) 「音楽のまち・ひめじ」の推進
   について、特に、子どもたちにど
   のような多彩な夢を与えるのか
 (3) どのような先導的な子育て支援
   策により、明石市など先進的な都
   市との競争に打ち勝つのか
4 山陽姫路駅の地下化について
  将来の姫路市発展のためにはJR姫
  路駅を中心とした東西地域のバラン
  スを考慮したまちづくりが求められ
  る。山陽電鉄高架駅を撤去し、開発
  中の東地区に比べておくれている駅
  西地区開発のためにも、再度、山陽
  電鉄の地下化を検討すべきではない
  か
5 拙速な新文化センターの設計につい
  て
  現在の拙速な計画手続に異議を唱え
  る。多くの芸術文化ホール建設に関
  与した実績のある著名な2人のプロ
  デューサー大石時雄氏と衛紀生氏の
  見解に対する市長の見解を伺う。
 (1) 大石時雄氏(福島県いわき市芸
   術文化交流館アリオス支配人)の
   「展示場を除けば、古くなった文
   化センターを新しくしただけとい
   う感じがする。しかも使い難そう
   である。」、「ホールの搬入口は、
   使う人の作業や運営のことは考え
   られていない。」、「楽屋の共有
   は、運営に不具合が生じる。中ホ
   ールの舞台側に大ホールの楽屋ま
   で配置するのは逆である。」、「
   オーケストラピットは不要と言わ
   れる時代に中ホールに必要か。」、
   「これからの時代に求められるス
   ペースや空間が設計されていない。
   観光客が一休みする、トイレを使
   う、色んな人が集まりさまざまな
   立場や年代の人が出会う仕組み
   を設計に反映させる視点が全く欠
   落している。」、「将来、禍根を
   残す可能性が高い。」との意見に
   対する当局の考えはどうか
 (2) 衛紀生氏(可児市文化創造セン
   ター館長兼劇場総監督)の「環境
   変化を無視した2000席の巨大
   鑑賞ホールの建設計画が進行して
   いるが、20年後を見据えている
   のではなく、「過去」からの前
   例を踏襲しているだけで即座に陳
   腐化する施設であることは明白で
   ある。」、「200億円以上の税
   金が費やされ、後年度負担が毎年
   8億から10億円かかることを納
   税者に説明した上での意思決定だ
   ったのか疑義を感じる。」、「大
   阪で行われるコンサートが新幹線
   で30分、新快速で1時間の姫路
   で行われるはずがない。」、「プ
   ロモーター心理から言っても「岡
   山飛ばし」が常態化している環境
   で、至近距離の姫路での集客は望
   めない。」、「230億円のこの
   計画には「ひめじ芸術文化創造会
   議」という市民団体が現在の計画
   と運営について見直しを求める運
   動が起こっている。」との貴重な
   見解について、当局はどう考える
   か
映像を再生します
  • 平成29年第2回定例会
  • 6月12日
  • 本会議(質疑質問2日目)
(複合方式)

1 新文化センターについて
 (1) 実施設計に係るハード面の諸問
    題について
 (2) オープン後の管理運営体制につ
    いて
 (3) 姫路市文化国際交流財団の今後
    のあり方について
2 「音楽のまち・ひめじ」をどう展開
  するのか
 (1) 「音楽のまち・ひめじ」宣言か
    ら早くも1年経過しようとして
    いるが、その名に恥じない運営
    体制の確立について
 (2) 将来を担う子どもたちへの積極
    的な先行投資を
映像を再生します
創政会
  • 平成28年第4回定例会
  • 12月7日
  • 本会議(質疑質問3日目)
    (複合方式)

1 姫路市政の機能強化について
 (1) 二元代表制をどう認識するか
 (2) 「車の両輪」の進行方向と速度
    は合致しているか

2 「音楽のまち姫路」の積極的な推進
  を
 (1) 新春話題及び新年度からいかに
    インパクトのあるPRを考える
    か
 (2) 姫路市文化振興条例を制定し、
    文化に重点を置いた施策を
映像を再生します
  • 平成28年第3回定例会
  • 9月13日
  • 本会議(質疑質問3日目)
(複合方式)

1 播磨地域の文化芸術の拠点となる新文化センターの整備
  に向けて
 (1) 機運を盛り上げるためにソフト先行事業の実施を
 (2) 姫路市文化国際交流財団の機能強化を
 (3) 実施設計や周辺の環境整備に徹底した住民参加を

2 スクールハラスメントについて
 (1) 子ども同士のいじめについて
 (2) 教師などから児童・生徒に対するパワハラ・セクハラ
    について
 (3) 子どもたちからのSOSをどうキャッチするか
映像を再生します
  • 平成28年第2回定例会
  • 6月13日
  • 本会議(質疑質問2日目)
    (複合方式)

1 新電力について
  歳入増につながる新電力事業を実施し、エネルギー
  の地産地消に向けた取り組みを進めるべきではない
  か

2 都心部に残された最後の大規模空間であるイベント
  ゾーンの整備について
  東日本大震災や熊本地震などを踏まえ、安全安心な
  ど防災に重点を置いて、基本計画中の高等教育・研
  究エリアの見直しを図り、防災公園建設を提言した
  い
映像を再生します
  • 平成27年第4回定例会
  • 12月8日
  • 本会議(質疑質問3日目)
(一括方式)

1 財政改革について
 (1) 歳出削減の基本的な考えは
 (2) 現在発行している主な広報印刷物の数量と経費、
    配布先は
 (3) 先進自治体が取り組んでいるPPS導入による経費
    削減額の試算は

2 姫路市の医療について
 (1) 姫路市の医療政策について
 (2) 循環器病センターと広畑病院の統合による新病院の
    イベントゾーンへの誘致案について

3 自治体PPS(地域電力)の推進について
 (1) 今まで、PPSを含む地域エネルギー政策について、
    どのような議論を重ねてきたか
 (2) PPSをどう理解しているか
 (3) PPS導入の障害は何か
 (4) 今後、PPSの導入などエネルギー対策として
    市はどう取り組むか

4 「楽都姫路」について
  歴史遺産姫路城だけでなく、文化の薫り高い「楽都姫路」
  を目指すまちづくりを提言したい。
 (1) 松本市の市井での音楽活動の広がり
   ・・・その原因をどう考えるか
 (2) (仮称)姫路市音楽フェスティバルの開催の検討
 (3) 「子どものための音楽会」の開催の検討
 (4) 姫路市音楽コンクールの開催の検討

5 工業振興について
 (1) ダイハツディーゼルの誘致のトップセールスについて
 (2) 過去のトップセールスの実績と成果、
    及び現在の状況はどうか
 (3) 他都市に比べて特筆すべき企業誘致の優遇策はあるか

6 農水産業の振興について
  TPPの包括合意を受けて
 (1) 姫路市として、TPPの農業に与える影響を
    どう認識し、今後の農業振興策につなげるか
 (2) 地産地消に係る市の関係施設への食材利用推進の
    数値目標設定を
 (3) 「網干かき祭り」への支援策及びかき祭りと
    地域農産物の積極的なコラボレーションを

7 自治会の自主防災組織への支援について
 (1) 自主防災組織をどう認識しているか
 (2) 自主防災組織への財政的・人的支援は
 (3) 消防車整備に係る補助金制度の創設を

8 エコパークあぼしと網干南公園について
 (1) 関係施設の利用数の推移はどうか
 (2) 高齢者の利用が多いグラウンドゴルフ場と
    サッカー場に休憩できるあずまやの設置を
 (3) 市外や学生の合宿利用も多く、用地は十分に
    余裕があるため、簡易宿泊施設があれば、
    地域の豊かな農水産物を提供食材に利用するなど、
    大いに地域の活性化に寄与すると考える。
映像を再生します
  • 平成27年第2回定例会
  • 6月12日
  • 本会議(質疑質問1日目)
(質問方法 一括方式)

1 姫路市の品格について
  姫路文学館藤原正彦館長の「国家の品格」になぞらえ
 て、「50万中核都市姫路の品格」をどう認識するか?
 (1) 基本的な考えは?
 (2) 古今東西の尊敬する政治家、特に地方政治家とその
   理由は?
 (3) 市政運営の模範にするような自治体とその理由は?
 (4) 今後4年を施政の集大成として、姫路の品格をどう
   高めるか?

2 姫路市都市計画マスタープランについて
 (1) 市長就任前と比較して、12年間の都市計画の実績
   をどう評価するか?
 (2) 昨年のマスタープラン策定に当たり、地域の実情は
   どのように考慮されたか?
 (3) 大津地域の人口・世帯数増加傾向をどう認識して
   いるか?また、その事実はマスタープランにどう反
   映されているか?
 (4) 拙速な計画策定の抜本的な見直しについて

3 「1ミュージック(アート)&1スポーツ」の推進に
 ついて
 (1) 音楽は情操教育には欠かせないため、絵画や彫刻な
   どの美術を含め、地域での自主的な活動の裾野を広
   げる方策は?
 (2) 学校の教科の充実だけでなく、地域でのスポーツク
   ラブ21などの支援拡充について

4 姫路市立病院について
 (1) 近隣の多くの自治体は独自の公立病院を有している
   が、その気概はどうか?
 (2) それに併せて保健・福祉人材の養成などの先導的な
   連携方策の構築が必要では?
 (3) 兵庫県が検討を開始した姫路循環器病センターと製
   鉄記念広畑病院の統合について、姫路市はもっと積
   極的な関与をするべきではないのか?
 (4) 統合病院の整備予定地として姫路駅周辺地区が仄聞
   されるが、姫路の玄関口に病院誘致はふさわしいか?

5 音楽ホールの建築について
 (1) ウィーン・フィルやベルリン・フィルは言うに及ば
   ずNHK交響楽団さえ来姫しない理由をどう考えるか?
 (2) 文化都市姫路にふさわしい音楽文化の向上のためパ
   ルナソスホール以上の本格的な音楽ホールが必要で
   はないか?
 (3) プロだけでなく中学校吹奏楽部などの地域へのアウ
   トリーチの積極的な導入方策は?

6 子ども・子育て支援新制度について
 (1) 人材確保と質の高い保育士の確保策は?
 (2) 国が必要とする保育士は6.9万人だが、姫路市で
   目標数は確保されるか?
 (3) 公立と私立の統合についての姫路市の基本的な考え
   は?

7 農・商・工・学連携の地産地消の推進について
 (1) 地産地消の意義とそのねらいは?
 (2) 幼稚園や小中学校給食だけでなく、すべての公的
   施設に地元食材の積極的な活用を

8 コミュニティー活動への支援について
 昨年4月に発足した「大津まちづくり協議会」の活発化
 のための活動支援策はあるか?
映像を再生します
戻る